妊娠中のママのからだは、お腹の中にいる赤ちゃんに栄養を与えたり、外部の刺激から赤ちゃんを守ったりするために、妊娠する前と比べて、ホルモンバランスなどが変わってきます。

しかし、出産が終わって赤ちゃんが体外に出ると、ママのからだは次第に妊娠する前の状態に戻っていきます。この時期を産褥期(さんじょくき)といい、個人差はありますが、その期間は6~8週間となっています。
この産褥期に一番大切なのは、からだとこころの休養です。

妊娠中は赤ちゃんを育てるために、子宮が大きくなった状態になりますが、出産後の子宮は再び収縮してゆくので、分娩後はお腹に痛みやハリを感じる方が多いのです。
これを「後陣痛」といいます。
子宮の収縮は、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで促されます。

出産後数日間は、授乳のたびにお腹の痛みが伴いますが、この時期を乗り越えれば痛みはどんどん和らいでゆき、ママのからだの回復が進みます。

また最近では、この子宮の収縮をさらに進めるために、出産後数時間後に歩くことを勧める病院もあるようです。

こうした運動は、自分のからだを最大限に労わりながら、無理のない程度に様子をみながら行なうようにしましょう。

産後のケアは重要です。
赤ちゃんを出産した後には、からだにさまざまな変化が生じます。

特に生殖器は、子宮に近い位置にあるために、分娩で傷ついた膣や子宮の内側などから血液や粘膜といった悪露(おろ)という分泌物が排出されます。
悪露は最初のうち、チョコレート色をしていますが、次第に透明になってゆき、分泌は治まってゆきます。

注意しなくてはならないのは、悪露が付着する外陰部を清潔に保つことです。
これを怠ってしまうと、細菌が繁殖して膣や子宮、卵巣などに炎症が起こってしまうのです。

からだが疲れているときに大変ではありますが、排便や排尿のたびに、洗浄綿などの清潔な綿を使いましょう。

トイレットペーパーを使うことや、洗浄綿での二度拭きは厳禁ですので、くれぐれも注意してください。

そして、悪露の状態がおかしいと感じたり、悪露が2ヶ月近くも続いたりする場合は、すぐに病院で診察してもらってください。

ママの心のケアも忘れずに!

出産直後にからだを休めることは、退院した後も心がけなくてはなりません。一般的には、最低でも1か月は休養するようにと言われています。

妊娠、出産で使い果たしたママの体力は想像以上に大きく、出産後は赤ちゃんへの授乳も必要です。授乳は数時間おきに必要ですし、夜も赤ちゃんが泣き出したら、起きて授乳しなくてはなりません。

睡眠不足がさらに体力を奪ってしまうのは、言うまでもありませんね。
しかし、ここで無理を続けてしまうと、妊娠前のからだへの回復が遅れてしまいますし、睡眠不足で食欲が低下してしまったら、栄養が十分に摂れず、ママのからだだけで
なく、赤ちゃんの成長にも影響が出てきます。

そこで不可欠なのは、周りの家族の徹底したサポートです。
特に、出産経験のない新米パパは、ママのこうしたからだの変化や、想像以上の体力消耗にはなかなか気がつかないものです。

炊事、洗濯、掃除など、ママのからだに負担がかかる家事は、可能な限りパパが担当して、ママのからだを楽にしてあげましょう。

さらには、ママの心のケアも大切です。

ホルモンバランスの乱れは、心のバランスも崩してしまい、いわゆる「産後うつ」を引き起こすことがあります。

夜の授乳で睡眠不足になるだけでなく、赤ちゃんがお乳をうまく飲んでくれない、お乳がうまく出ない、子育てが上手にできるかなど、ママのストレスや不安の原因は意外にも多いのです。

こうしたママの不安などを取り除いて、心のバランスを保ってあげるためにも、パパを始めとする周りの家族の協力は欠かせません。

ママを焦らすような言葉に気をつける、優しい言葉で労う、マッサージなどをしてリラックスさせてあげるなど、いろいろな工夫で産後の一番大切な時期を、家族全員で乗り越えていきましょう。

2013/08/01
スマイルプラス
  • 家事代行
  • ベビーシッター
  • 産前・産後ケア
  • シルバーサービス
  • 掃除片付け
  • イベント・託児保育士派遣サービス