「なんだか、私は家事の効率が悪い気がする…。いつも部屋が小汚い」

そう思っているママはいませんか?

 

それって、よくよく考えると、子育てしながら完璧に家事をこなそうとしているだけなので、“部屋が小汚いのは普通”なのですが…。

でも居心地が悪いですよね!

部屋をキレイにキープしたいけれど、どうしても散らかってしまう。

寝る前に床に物が出ているのはイヤ!という人にオススメの方法を紹介します♪

 

★『とりあえずの場所』を作ってみよう

最近では、100均の収納ボックスをリメイクして、“見せる収納”を行う人も多くなってきましたよね。

その箱のひとつに『とりあえずものを入れるためのボックス』を作るんです。

そうすると、寝る前にごちゃごちゃしたものもササッと収納できるので、部屋をキレイに保てるようになりますよ。

 

子どもたちのおもちゃ収納ボックスの近くに『とりあえずボックス(おもちゃ専用)』を作っておけば、寝る前にササッとおもちゃ類をしまってから寝られます。

リビングのこまごましたものは、リビングの『とりあえずボックス』を置いて入れてしまえばいいんです。

 

家事をしている間に通る、動線上に『とりあえずボックス』を配置しておけば、通りすがりに片づけができちゃうんです。

片づけって、できれば“他のことと同時進行させたい家事”のひとつですよね。

片づけだけに時間をとるのはもったいない気がします。

 

だからこそ、“簡易的に片づけをする時”と“ちゃんと片づける時”を使い分けるんです。

毎回完璧になんて、スーパーマンでない限りできません!

 

★でも、『とりあえずボックス』に頼り過ぎて、箱が満杯になってしまう

『とりあえずボックス』を作った人の意見で多いのは、

「ボックスに何でもかんでも入れてしまうので、床はキレイ。でも、ボックス内がぐちゃぐちゃに…」

という悩みです。

 

たしかに、忙しい毎日の中で、『とりあえずボックス』があれば、何でも入れてしまえるので、ついつい頼ってしまうんですよね。

その後に、しっかりと片づけるのならば問題ないのですが、いれっぱななしになってしまった時が問題です。

結局、ボックスが満杯になって、床にものが散らばっていく結果になりかねません…。

 

『とりあえずボックス』は、あくまでも“とりあえず”なので、モノを元の場所に戻す習慣をつけてしまえばいいんです!

こんな風に言うのは簡単ですが、「具体的にはどうなの?」と思いますよね。

 

一番早いのは、『とりあえずボックス』を利用するのは“夜だけ”と決めてしまうことです。

夕飯を作る前、寝る前に部屋をとりあえずキレイにするためだけに利用する、そう決めてしまうんです。

 

そして、朝起きたら『とりあえずボックス』の中にしまったモノを片付け直すんです。

そうすれば、毎朝、ボックスの中は空っぽになりますよね。

これならば部屋は散らかりません。

 

夜よりも朝の方がバタバタしているという人もいるでしょう。

そんな人は、今の使い方と反対にしてみるんです!

朝の忙しい時間帯は『とりあえずボックス』にポンポン入れてしまう。夜寝る前にボックス内のモノを片付ける。

これで1日1回は必ず『とりあえずボックス』をリセットできますよね。

 

★『とりあえずボックス』は子どもにも有効!

後でしっかり片づけられる大人とは違って、入れったら入れっぱなしになる可能性が高い子ども。

一番『とりあえずボックス』を与えてはいけないような気がしてしまいますが(笑)

実は、子どもにも便利なアイテムなんですよ♪

 

たとえば、夕食を作っている間、お子さんはリビングにおもちゃを運んできて遊んでいることも多いですよね。

夕飯ができたら、そのままにしてご飯を食べ始めちゃうなんて家庭もあるでしょうし、夕飯前にいったんキレイに片づける家庭もあるでしょう。

でも、そのままにしていたら、お母さんが食器を片付けるときに動き回ったりして踏んでしまうかも!

いったんキレイに片づけるのいいですが、お子さん一人で片づけられないときはお母さんの手間が増えてしまいます。

 

そうならないために、リビングに『とりあえずボックス』を置くんです。

 

・夕飯前は『とりあえずボックス』に入れ、いったん床をキレイにする!

・食べ終わってもう一度遊ぶときは、ボックスごと移動して遊ぶ。

・寝る前に片づけるときは、ボックスをもって子供部屋に行くんです。

 

そうすると最後にきちんと片づけるときもラクになるんですよ。

女の子のままごとの細かな食材類も、男の子のミニカーやLEGOのようにこまごましたものも、簡単に片づけられます。

 

★『とりあえずボックス』を効果的に使えば、家事の効率が上がる!

家事の中で、最も時間をかけるのがもったいないといっても過言ではない、“ちょっとした片づけ”の時間。

『とりあえずボックス』を使って、片づけにかける時間をグンと減らしてしまいましょう。

部屋の見た目もキレイになりますし、忙しい時間帯はポンポンとボックスに入れるだけなので、手間もかかりません。

1日1回、『とりあえずボックス』をリセットする習慣をつければ、ボックスが満杯になって、結局部屋が小汚くなる心配もありません。

 

お子さん用に『とりあえずボックス』を用意して、お子さんと片づける時間も減らす方法もあります。

 

片づけにかける時間を減らすことができれば、他の家事に充てる時間も増えていきます。

結果的に家事効率が上がっていくんです。

小汚い部屋に嫌気がさしている人は、1度お試しくださいね♪

2018/06/26
スマイルプラス
  • 家事代行
  • ベビーシッター
  • 産前・産後ケア
  • シルバーサービス
  • 掃除片付け
  • イベント・託児保育士派遣サービス