梅雨時期は家でまったり!子どもと一緒にお家あそび | スマイルプラス
no-image

梅雨時期は家でまったり!子どもと一緒にお家あそび

雨の続く季節がやってきました。

洗濯物も乾きにくいし、部屋のなかが一日中ジメジメしていて気分まで落ち込んでしまいそうです。

 

そんな梅雨でも元気いっぱいなのが子どもです!

じめっとした天気には、まったく負けていないのが羨ましい限りですが、家のなかでフルパワーで「遊んで!」と言われると、参ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか?

 

この記事では、梅雨時期一日中家にいるお子さんが、飽きずにずっと遊べるあそびを紹介していきます。

激しく動くあそびは避けているので、お母さんの疲労は溜まりにくいはずです。

 

※ちなみに、梅雨時期で洗濯が億劫な人「ちょっと気分転換したい」という人は、お試しで家事代行サービスを使ってみるのをおすすめしますよ♪

憂鬱な季節だからこそ、手を抜けるところはうんと手を抜いて羽を伸ばしてくださいね。

お母さんが毎日幸せに笑っていられる家庭が、お子さんも旦那さんも幸せな素敵な家庭ですからね。

 

★定番の人生ゲーム!

 

スマートフォンやタブレット、テレビのゲームなど、デジタルな遊びをしたがるお子さんも多いのではないでしょうか。

しかし、一日中画面を見て遊ぶのは目に悪いですよね。

 

そこでおすすめなのが「人生ゲーム」です。

小さなお子さんでもルーレットを回すことができれば遊べますよね。

 

また、完全に時の運だけが勝敗を分けるので、「ゲームが上手いお兄ちゃんばかりが勝つ」ということもありません。

一度のゲームでも30分から1時間程度の時間がかかるのも、親としてはありがたいポイントではないでしょうか。

 

★カードゲーム

カードゲームと一括りにしても、トランプならば「ばばぬき」、「神経衰弱」、「大富豪」、「ぶたのしっぽ」、「トランプタワーづくり」などさまざまな遊びができますよね。

 

ポーカーやフルハウスも面白いですが、お子さんが小さい場合は「ばばぬき」が一番簡単で良いかもしれません。

 

また、最近流行っているのが「ナンジャモンジャゲーム」というカードゲームです。

 

YouTubeで紹介されてから人気に火が付き、ショッピングモールなどでも見かけることが多くなりました。

トランプのように数字がついているわけではなく、少し変わった様相のモンスターが描かれたカードをめくって「ニックネーム」をつけて遊ぶゲームです。

 

カードをめくり、初めて出てきたキャラクターならば名前を付けてあげます。

どんどんカードをめくり、ニックネームをつけたキャラクターを引いたら、その中で誰が一番早くそのニックネームを思い出して言えるかを競うのです。

名前を言い当てたカードは、当てた人の手札となり、最終的にだれが一番多くのカードを手にしたかで勝敗が決まります。

 

私も子どもとナンジャモンジャゲームをしますが、子どもの記憶力というのは恐ろしいもので、ものすごい速さでニックネームを思い出し言い当てます。

あっというまにほとんどのカードを子どもたちに取られて終わってしまうこともしばしば……。

 

また、ナンジャモンジャゲームのキャラクターカードは、1つのキャラクターが数枚ごとに入っているので、神経衰弱をして遊ぶこともできますよ。

 

★大きな紙にお絵かき!

家に居る時間が長い季節だからこそ、普段はできない遊び方をするのもいいですよね。

 

日頃から、らくがきちょうにお絵かきをしているお子さんならば大きな紙を用意してお絵かきするのもいいでしょう。

手足に絵の具をつけてペタペタ歩いたり手形をつけたりするのも楽しいです。

 

野菜を切って、野菜スタンプを押して遊ぶのも楽しいですよね。

 

クレヨンで下書きをしたあとに絵の具を使って色を付け、「クレヨンは絵の具をはじく」というちょっとした勉強になることをしてみてもいいでしょう。

 

★ぷよぷよボール、スライム風呂など普段はできないあそびをしてみる

 

子どものなりたい職業1位になることもある「YouTuber」。

人気の動画では、水に浸して膨らませる「ぷよぷよボール」を使って遊んだりスライム風呂を作って遊んだりしている動画もあります。

 

動画で見て面白いと思った遊びでも、片づけに時間がかかりそうなものだと、普段の生活では「勘弁して!」と断ってしまうところです。

でも、今は雨で外に出られないから「特別ね!」とお子さんに伝えて、「普段とは違う遊び」をしてみるのもおすすめです。

 

いつもとは違うというだけで、お子さんのテンションは上がるでしょうし、「動画で見たあそびができる!」と喜んでくれること間違いなしです。

 

家にあるものを使って遊ぶこともできます。

たとえば、卵をまるまるお酢につけておくと、外側の殻が溶けて「スーパーボール」のようになります。

力強く握ったり床にたたきつけてしまうと割れてしまいますが、卵とは思えないほどの触感になりますよ。

 

こういった遊びは、理科の勉強にもなりますよね。

遊んでいるつもりで学べるというのが、子どもにとって一番記憶に残りやすいものなのでおすすめです。

 

★梅雨の季節だからこそ、思い出に残る遊びをしよう

 

人生ゲームやカードゲーム、YouTuberが動画でやっている「ナンジャモンジャゲーム」や「ぷよぷよボール」、「スライム風呂」、「卵スーパーボール」など、どれも大人になってからも楽しい思い出として記憶に残っていそうなものばかりです。

 

今回は、家に居ながらできる遊び、かつお母さんの疲れがたまらないものをピックアップして紹介しているので、梅雨の時期だけでなく、雨が続く日や雪で外に出られないときなどにも使えますよ。

 

ぜひ、やってみてくださいね!

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
[大阪・名古屋] 0120-921-386
[東京] 0120-933-674
お問い合わせ