日本人は何故水を飲むとお腹を壊すのか? | スマイルプラス
no-image

日本人は何故水を飲むとお腹を壊すのか?

みなさんは日常的にミネラルウォーターを飲んでいると思いますが、水には「硬水」と「軟水」の2種類があることをご存知ですか?

ミネラルウォーターには、その名の通り、ミネラルが含まれています。そのミネラルの含まれている量が多いと硬水になり、少ないと軟水になります。
古くから河川水を水源としている日本の水道水は、ほとんどが軟水です。したがって日本人は、遺伝的にも軟水に合った体質になっています。

これに対して、ヨーロッパやアメリカの水は、ミネラルが多く含まれた地下水や山岳地帯から水を得ているので、ミネラル含有量が高い硬水となっています。
ミネラルを多く摂ると胃腸の活動が活発になり、便通もよくなるので、女性の間ではダイエットの一環で硬水を飲む方が増えましたが、逆に、お腹が弱いかたや、小さなお子さん、お年寄りが飲むと、胃腸に過度な刺激を与えて体調を崩してしまうことがあります。

先日、ご年配のお客様お宅に伺って、家具の移動をお手伝いすることがありましたが、このお客様のご自宅にはウォーターサーバーが置かれていました。

ウォーターサーバーなどで使われているミネラルウォーターは、日本人の体質に合ったミネラルバランスになっているので、お腹の弱い方でも安心してのめるようです。ウォーターサーバーで入れたコーヒーは、角がとれた味でとてもまろやかでした。

オフィスにウォーターサーバーを導入している会社も多いので、弊社にもぜひ欲しいところです。

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
[大阪・名古屋] 0120-921-386
[東京] 0120-933-674
お問い合わせ