交通事故に遭ってしまったら、家政婦を頼めるんです! | スマイルプラス
no-image

交通事故に遭ってしまったら、家政婦を頼めるんです!

交通事故 怪我

交通事故は、いつどこで遭うか分からないトラブルです。

そして、実際に交通事故に遭ってしまうと、何をどう対処していいか分からなくなる人がほとんどです。

【加害者が加入している保険会社の補償】

事故が起きると、加害者が加入している保険会社の担当者から連絡が来て、ケガの程度を確認したり、
通院先を確認したりするのですが、その後の生活サポートに関しては、ほとんど教えてくれないのが実状なんです。

つまり、自分で調べて保険会社に連絡をしないと、補償してくれないことがたくさんあります。

その代表的なものが「主婦の休業損害」です。

休業損害補償というのは、事故が原因で会社を休んだ時に減ってしまう給料を補う補償なのですが、
これは普通の会社員だけでなく、法律的に主婦でも認められているんです。

まず、仕事を持った主婦の方の場合ですが、減額された給与と同額が補償されます。
(実際には、事故の過失相殺(双方の責任度合)などによって変わります)

 

専業主婦の方の場合は、法律で家事や育児が仕事と見なされるため、
原則的に1日5,700円の休業損害が支払われます。

 

さらに、過失の割合やケガの状況によっては、それ以上の金額が家事代行の費用として
支払われるケースもあるので、保険会社の担当者に交渉することをおススメします。

保険会社に連絡をする時は、ケガの状況だけでなく、家事や子供の送迎ができなくなった、
家族が子守のために仕事を休んで給与が減らされたなど、具体的な損害を詳しく説明する
必要があります。

 

電話などで説明しただけで補償に応じる保険会社もありますが、
最終的には、医師に家事ができない状態か判断を仰ぐ保険会社が多いようです。

【自分が加入している保険会社の補償】

この場合は、自分が加入している保険会社だけあって、
補償サービスが契約に含まれていれば、手厚いサポートが受けられます。

車の保険というものは、万一、事故を起こしてしまった場合、相手のケガを補償したり、
壊してしまった物を賠償するために掛けるものですが、運転手や乗車している人がケガをした場合も補償されるケースがあります。

 

ただし、こうした補償が保険会社によっては、基本契約に含まれておらず、特約という追加契約をしていた場合にしか適用されないケースが多いので、万一の時に備えて、すぐに保険会社に補償内容を確認することを強くおススメします!

また、補償が適用されるには条件が設定されていることもあるので、その点も合わせて確認す
るとよいでしょう!

(事例1)
アクサダイレクト

●搭乗者傷害保険

保険に入っている人や、同乗者に配偶者、家事従事者がいる場合

・家事労働費用保険金・・・入院3日目以降の入院期間に対して、1日5,000円の家事代行サービス費用が支払われます。

※「搭乗者傷害保険の家事労働費用補償特約」に入っている必要があります。

(事例2)
あいおいニッセイ同和損保

●「タフ・車の保険」入院時諸費用補償特約

保険に入っている人が事故で入院した場合

・ホームヘルパー雇入費用・・・1日あたり20,000円
・介護ヘルパー雇入費用・・・1日あたり20,000円
・ベビーシッター雇入費用・・・1日あたり20,000円

※ただし、この補償は被害者が入院した場合で、特約の契約をしている場合に適用されます。
保険の内容はとても難しいので、まずはコールセンターなどで確認をして、万一の時に備えましょう!

 

自分が加入している保険で補償がされなければ、加害者側の保険会社に補償を請求するのが一番です。

家事も立派な労働です!

 

その労働ができなくなれば、当然、家事代行サービスに家政婦を頼む必要があります。

しかし、保険会社から家事代行会社を紹介してくれることは稀です。

ケガをしてしんどい状況ではありますが、普段の生活を取り戻すために必要なサポート(家事
代行会社やヘルパー)や、およその利用時間と料金を調べて、保険会社に連絡をすると交渉が
すんなり進みます。

 

当社を含め、家事代行会社に家事などを依頼される場合は、保険会社と予算を決めてからご連
絡いただけますと、サポートもスムーズに開始できます。

このブログを読んでいる方には、こうした交通事故のトラブルと無縁であることを心から祈っていますが、
万一の時は、スマイルプラスのこのページを思い出してください!

きっと、役に立つはずです。

 

あってはならない事ですが、もし大阪・神戸・京都・名古屋・岐阜でお困りでしたら、気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
[大阪・名古屋] 0120-921-386
[東京] 0120-933-674
お問い合わせ