性格は顔に表れるというが、できてしまった顔はもう修正できないの? | スマイルプラス
no-image

性格は顔に表れるというが、できてしまった顔はもう修正できないの?

ご存知の人も多い、「男は40歳を過ぎたら顔に責任を持て」というリンカーンの名言。たしかに、歳を重ねると、性格が顔に出るなぁと感じますよね。   人は見た目で判断してはいけないと言いますが、今までの人生を振り返ると、第一印象で感じたままの性格だったという経験がありませんか? もちろん、見た目が悪くても性格が良い人もいますが…。   できるのなら、「見た目も良いし性格も良い!」と言われる人になりたいですよね。   ★性格が顔に出るのはなぜ?   先ほどの話で、見た目が悪いが性格が良かった人についてお話します。   あなたの身近にいる「一見怖そうな人」を思い浮かべてみてください。   たいてい「顔のパーツが怖そう」に見えるだけで、「優しい目つき」だったり「口角が上がっている」ケースが多いんです。 性格が顔に出る、というのは「性格は普段の表情に出る」ということなんですね!   なので、つり上がった目でも優しい目つきをしていれば性格は良いと考えられます。反対に、タレ目でも冷たい目ならば性格が悪い、もしくは心の中で悪態をつくタイプかもしれません。   思っていることは表情に出る、と言いますよね。目は嘘をつかない口元に真実が出る、という人もいるくらいですから、思っていることがそのまま表情に出てしまうことは多いもの。   イライラしやすい人は、顔をしかめる回数が多い、楽天的な人は目尻が下がっていたりシワが寄っていることが多いです。毎日考えていることがそのまま表情になる、つまり表情のクセになるんです!   その結果、表情のクセが顔に定着して「性格が顔に出る」。   もっとわかりやすく言うと、表情は表情筋によって作られています。毎日考えていることが表情に出るということは、毎日表情筋を筋トレしている状態。 筋トレを毎日コツコツと続けている、その成果として「毎日考えていること(性格)が顔に出る」のです。   ★性格の悪い顔   性格が悪いと思われがちな顔つきは、以下のようなものと言われています。   ①目が笑っていない、冷ややかな目である ②眉間にシワがある ③顔のパーツが歪んでいる ④口がへの字になっている   目が笑っていない人や冷ややかな目をしている人は、目尻のシワが少ない傾向にあります。笑うことが少ないからです。   また、苦笑いをすると口角が片方しか上がらないということもありますので、顔のパーツが歪んでいきます。   性格は本当に顔に出ていくんですね。   ★若々しいのが良いというのは間違い 性格が顔に出る、というと必ず出てくるのが「美人やイケメンの全員は性格が良いのか?」問題です。   あなたの思っている通り、美人やイケメンはみんながみんな性格の良い人ではありません。   あくまでも顔に出るというのは整っているということではなく、「どのような印象を与えているのか」なので、イケメンだろうが美人だろうが「性格悪そう」な印象があれば性格は悪いことが多いです。   また、歳に不釣り合いなほど若々しいのも要注意です。   容姿がいい、若くみられる人は特別扱いされやすい故に、他の人より苦労を積んでいない可能性があるため、若々しく見える傾向があると言われています。 顔には、性格だけでなく人生も表れるのですね……。   ★あなたの顔はどんな顔?   あなたが40代ならば、真顔で鏡を見てみましょう。鏡を見る時に無意識に表情を作ってしまうようであれば、スマートフォンやケータイのセルフショットを使い、顔を確認せずに写真を撮ってみましょう。   どのような印象を持ちましたか?   気難しそうだったり、怒っていそうな顔ではありませんでしたか。反対に、優しそうな顔でしたか?   もし、鏡で自分の顔を見て「性格悪そう…」と感じたらもう戻すことはできないのでしょうか? ★顔つきを変えるにはどうしたらいいか? 基本的に、鏡を見て感じた「怖い」「呑気そう」「威厳が無い」などの印象と反対のことをすればOKです。心持ちが変われば表情も変わっていきます。そうすると、結果的に顔つきが変わるのです。   ただし、長い年月をかけて作られてきた顔なので、手遅れではないですが、時間と努力は必要です。   また、積極的に文化に触れて感動するのも大切なことです。   考え方を変えるのはとても難しいもの! 本を読んだり映画を見たりすることで、「こういう考え方もあるんだ」、「この人は苦難をこうやって乗り越えるんだ」、「この人生の楽しみ方は参考になる」など、さまざまな発見ができるでしょう。   ほかにも、人と関わる、ワンランク上の仕事を行うようにするのもおすすめです。   いつもは部下に仕事を振るだけだったのを、「この部下はこうしたらモチベーションが上がる」、「この人はこういう仕事が得意で、こういう仕事が苦手なのか、 ならば苦手なことを効率良く行える方法はないか?など、相手を思って行動してみるのです。   ちょっと手間が増えますし、自分の仕事以外の作業が多くなるのはイヤかもしれません。時間が足りないこともあるでしょう。しかし、その苦労があなたの栄養となるのです!   いままでと違う生き方・考え方をすることで、表情がイキイキとして魅力的な人になれるでしょう。そうして、顔つきも変わって行きます。   ★考えていることは顔(表情)に出るが、今からでも変えられる!   自分の顔に責任を持つためには、まず自分の顔を知る必要があります。そして、そこで持ったイメージとあなたの目指している理想の自分とに違いがあるならば、今から行動を起こしてみましょう!   40歳を過ぎてからは、顔、人生に責任を持って生きるのです。   諦めてしまうことは簡単です。しかし、行動を起こせば変われるのならば、変化を求めて努力したほうが人生はより良いものになっていきます。 文化に触れ、人に触れて「見た目も性格も良い」と言われる最高の人になりましょう!

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386