育児中はよう注意!疲労は体の悲鳴 | スマイルプラス
健康 家事代行

育児中はよう注意!疲労は体の悲鳴

みなさんは日頃の家事や育児で疲労が溜まったら、どのように対処していますか? 「たかが疲労」と、たかをくくらず、ベビーシッターや家事代行サービスを気軽に利用して、思いっきりデトックスをしてみませんか?

わたし達が感じる疲労には、3つのタイプがあります。

1つ目は「筋肉疲労」です。
からだを動かすには、筋肉を働かせる必要があります。 また、座っている時でも、姿勢を維持するために筋肉は動き続けています。この疲労が筋肉に溜まると、こりや痛みといった自覚症状が出てきます。

2つ目の疲労は「内臓疲労」です。
胃が重たい感じがする、下腹部が張った感じがする、などと感じるときは、臓器が正常に働いていないサインで、これを軽視し続けていると、大きな病気の原因となり、生命の危機につながることもあります。

3つ目の疲労は、一番やっかいな「気持ちの疲労」です。
内臓に違和感があるわけでもなく、ただなんとなく体がだるい、やる気が起こらないといった時は、こころが疲れているサインです。

日本人は真面目な性格なので、こころが発しているサインを「自分のがんばりが足らないから」「みんな、大変な状況で家事を頑張っているから」などと軽視しがちです。

しかし、この我慢がたたって、知らず知らずのうちに心の病を発症している人が多いのが、今の日本の現状です。

スマイルプラスでは、皆様が心身ともに健やかな生活を送り、「スマイル」であふれる毎日になるように、家事やベビーシッターなどのお手伝いを致します。

特に、育児と家事を両立させなくてはならない時期は、からだや心に溜まる疲労は、計り知れないものがあります。 ご家族のスマイルのため、ご自身のスマイルのため、スマイルプラスのベビーシッターサービスなどを、ぜひ、ご利用下さい。

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386