健康的な生活のために絶対に外せない3つの柱とは?今日からできる方法を紹
安全 食材

健康的な生活のために絶対に外せない3つの柱とは?今日からできる方法を紹

あなたは健康的な生活を送っていますか?と問われて、自信をもってYESと答えられる大人はどのくらいおられるでしょうか?

現代社会を生きる皆様は何かしら健康的でない自覚をお持ちかもしれませんね。かく言う私自身も、そんな一人でした。原因をつきとめてすべてを解消できればいちばんです。しかし社会に生きている私たちは悪いストレスだけをゼロにすることはできませんよね。

じゃあ、健康的な生活って無理なの?

いいえ!健康的な生活のために大きく前進する方法はあります!それは、あなたの健康を支える3つの柱を意識して変えることです。

今日は健康的な生活のために必要な行動をご紹介します。あなた自身のためにも、またあなたの大切な人たちのためにも、ぜひ最後までお読みいただき、健康的な生活を手に入れていただきたいと思います。

 

健康的な生活のために①良質な睡眠

お子さんがいる方は「早く寝なさい」と声かけする方がほとんどですよね。疲れやストレスをゼロにできないならば、心と体を回復させる睡眠は大切ですから。実は、良質な睡眠は疲労回復以外にも長期的に私たちの健康的な生活を守る効果があるのです。ご紹介しますね。

1-1:太りにくい体質になる

早寝は美容によいと言われますよね。深い睡眠で出る成長ホルモンが肌のターンオーバーを促し、美肌になることはよく知られています。これに加えて…良質な睡眠で太りにくくなる、という研究結果が出ています。食欲は食欲増進の効果がある「グレリン」と食欲抑制とエネルギー代謝を担う「レプチン」という2つのホルモンのバランスで保たれます

体が睡眠不足の状態だと、グレリンの分泌は過剰に、またレプチンの分泌は減少してしまうことがわかってきました。つまり食欲が過剰になるうえに代謝が下がってため込みやすくなってしまうのです。これは大問題ですね!美容面だけでなく肥満は生活習慣病の要素となります。良質な睡眠は健康な体に欠かせません

 

1-2:ストレスやうつ症状の緩和

意図的に睡眠を減らすと不安や抑うつ感、被害妄想などが発生しやすくなるといわれています。確かに、夜の考えごとはネガティブになりやすいですよね。そのうえ不眠は脳の代謝を低下させ、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を増加させます。深刻になるとうつ病や不安障害の原因のひとつになってしまいます。心を健康的に保つのにも睡眠は重要な要素と言えます。

1-3:良質な睡眠の方法は

心が疲れていれば自然と体調もくずれ、その逆もまたしかりです。睡眠は心と体の両面から短期的にも長期的にも健康的な生活をサポートしてくれる頼もしい存在。

良い睡眠には、

 

*朝、日光を浴びて体内時計を整える。夜は照明やIT機器のブルーライトを控える

*カフェインやアルコール、ニコチンの取りすぎに注意

*寝具や室温など快適な環境を整える

*就寝2~3時間前の入浴習慣

 

などが有効です。私はまず今日から寝る前のスマホと夕方以降のコーヒーを控えようと思います。ご一緒に、いかがですか?

 

健康的な生活のために②適度な運動

健康的な生活といえば感染症予防が気になる昨今。免疫力アップに重要な行動はずばり適度な運動です。特に有酸素運動は全身に酸素や栄養が行き届き、細胞の活動が活発になります。

また、適度な運動はナチュラルキラー細胞を増やします。なんとこのナチュラルキラー細胞は、体内でウイルスに感染した細胞や突然変異などにより発生した異常な細胞を認識し、攻撃・破壊してくれる優れもの。ガッツリ増やしたいですよね。

体力は人によって違います。運動がハードになりすぎると逆に免疫力を下げてしまうのであくまで「適度」が重要です。かといって運動音痴な私が自力でスタートしても、内容が軽すぎたり、三日坊主になったりして、健康的な生活に近づけませんよね。

コロナ禍により運動不足を感じる人の割合が増えています。コロナ禍でも安全かつ適度な運動を習慣づけるには様々な方法があります。

 

①自分で情報収集する

本やネット、またアプリで情報収集や自己管理をしつつ、自分に合ったメニューを考案しコツコツ取り組むことで健康的な生活を送ることを目指す方法です。出費が抑えられ、時間も有効に使えるのが魅力です。

②感染予防に注意しながらスポーツジムなどに通う

このご時世ですので不特定多数が利用するジムは少し心配になる部分もありますので、あくまで感染予防を徹底したうえで、とはなりますが、ジムでプロの指導を受けられるのは大きなメリットです。体力や目的に合った適切な負荷や休憩など、自分ではわからないことにも対応してもらえます。

 

③出張パーソナルトレーナーを利用する

感染対策を施したプロのトレーナーを自宅に呼んで、指導のもとトレーニングをする方法もあります。健康的な生活を目指しながらも状況や時間が作りづらいお忙しい方や小さなお子様がいる方、また外出が難しい高齢の方などでも定期的にレッスンが受けられるので健康的な運動習慣や知識を自然に手に入れることができます

新しい習慣を身につけたいときに専門家の助けを借りるのは有効な手段です。一人で取り組むとしんどいことでも、上手な専門家は楽しみの要素を加えて共に乗り越えるプロでもあるからです。

ちょっと贅沢な気がするかもしれませんが、たいていの社会人が自分のメンテナンスのために定期的に美容院に行ったり、整体に通ったりしますよね。運動は健康な未来につながるメンテナンスですから、贅沢ではなく的確な投資です。

健康的な生活のために③栄養バランスのよい食事を取ろう

毎日の食事に何か気を付けている方も多いのではないでしょうか。時間を作って行う運動と違い、食事は誰もが一日数回食べますから意識もしやすいですね。問題は意識の方向性が正しいかどうかです。

健康的な食生活は個人差の大きいものです。流行の糖質制限が体に合う人もいるでしょうが、全年代全体質の人に健康的とは言えません。また、体に良いものでも同じものばかり食べて健康的とは限りません。

加えて食事は楽しみでもありますよね。美味しさも大切ですし、家族がいる人であれば年代・体質・好みもバラバラなメンバーがそろって囲む大事な時間となります。自分や家族の体調に合った正しい知識を知りたいですよね。今はオーダーメイドでこうしたことに対応するサービスもありますので、時には利用してみるのもよいかもしれません

近年、栄養バランスは美容や健康管理だけでなく、心の健康と深い関係があることがわかってきています。栄養指導で心の病に成果を上げているドクターもいるほどです。毎日の食事を味方につけて心身ともに美しく健康的な生活を手に入れたいですね!

食事に関しては次以降の項目で、弊社の管理栄養士から今すぐ役立つ知識を詳しく聞いてみたいと思います。

健康的な生活のために④今すぐ食生活を変えよう

現代人の食生活には加工食品がどうしても関わりますよね。加工品やお菓子には多くの食品添加物が使われます。食品添加物は多量摂取すると発がん性や毒性があると言われますが、使用量など法律で厳しく決められており、すぐに健康に悪影響とはなりません。しかし小さな子どもが毎日食べ続けたら?何種類も食べたときの相互の影響は?原料は安全?わかっていないことや問題点も多いのです。

なかなか生活と切り離せない食品添加物ですが、これを避けると体のむくみやだるさが驚くほど改善します。健康的な生活のために今日からできることを4つご紹介したいと思います。

5-1:間食を見直す

お子様からお年寄りまで大好きなおやつ。お酒を飲む大人はおつまみを食べることもありますね。これを果物やアーモンドなどのナッツ類に変えるのは健康的で良い方法です。不足がちな栄養もとれますから、ダイレクトに体調に変化が出ますよ。

 

5-2:避けたいコンビニ弁当

忙しいとき便利なコンビニ弁当。色とりどりでワクワクしますね。しかしなぜ年中24時間均一なものが買えるのか。なぜ何時間も前に作ったお弁当が美味しそうに見えるのか。たくさんの努力と工夫の成果ですが、そのなかのひとつはたっぷりの食品添加物の賜物ですできる限りコンビニ弁当は避け、安全に配慮した冷凍宅配食を使うなど別の方法も検討してみてほしいと思います。

5-3:食材を選ぶ

食材選びは、美味しさ、安全性、お財布との兼ね合い、と迷いますよね。本当にどれも大切です。安い食品の全てが猛烈に粗悪で毒ということもありませんが、実際安い食品のほうが手早く大量に作るための食品添加物が多く含まれたり、原材料に輸入品が多かったりと、安全性は低くなりがちです。

「有機」と表示された食品をご存知ですか?日本では農林水産省の基準を満たした農産物に有機の表示が許されています。そのぶん少し高価にはなりますが一定の品質の保証があるものです。

こうした知識を取り入れながら、安さだけでなく良質な食材を賢く選びたいですね。心と体は食べたものでできています。食材にお金をかけることは、自分と家族のプライスレスな健康的生活に還元されてきます。

5-4:時間を有意義に

突然ですが夜や休日は何をして過ごしますか?特に共働きのお宅でよく聞くのが家事です。夜中の家事が楽しみで仕方ない!という方はこの過ごし方は理想的ですが、そうでない方もいますよね。睡眠時間にも影響します。

休息の時間を家事に明け暮れず有意義にするために、家事代行という選択肢も知っておいていただきたいと思います。この章で言及してきた食事に関しては、忙しい日に料理代行を頼むことができます。バランスや添加物の問題のあるコンビニ弁当よりもご家族の健康にプラスとなること請け合いです

栄養士が監修したメニュー、出来立てのおいしい食事で、お忙しい方でも心と体にたっぷり健康を貯金することができますよ。

 

健康な生活のために今からできることは即行動しよう

*睡眠

*運動

*食事

この3つの柱をご説明してきました。適度な運動習慣があると良質な睡眠につながり良質な睡眠ができると食欲のコントロールが健全になり安全で美味しい食事が心と体を安定させて健康的な生活に導く、とこの3つの柱をバランスよく実現していくことが、長期的な健康的生活、つまりは健康寿命のカギです。この記事で皆様の生活がより健康的で幸せなものになりますよう願っています。

 

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386