シルバーサービスの新しい活用方法は「一緒におでかけ」 | スマイルプラス
no-image

シルバーサービスの新しい活用方法は「一緒におでかけ」

    “シルバーケアサービス”と聞くと、どんなことを想像しますか?       老人ホームでの介護でしょうか? デイサービスの送迎ワゴンに乗せられ、サービスセンターに行く。 同じような年代のお年寄りの方と音に合わせて体を動かしたり、話したりする……。 そういったサービスをまとめて“シルバーケアサービス”かな?という認識の方も多いのではないでしょうか。     実際に、同じ年代になって同じことをしてみないと、介護される側の気持ちは理解できません。     ですが、私が学生のころデイサービスセンターに行って老人の方と交流する授業がありました。 そこでは前述したように、音楽に合わせてお手玉より少し大きいくらいのボールをポンポン床について体を動かしたり、一緒に大人のぬりえをしたり、昔のお話を聞いたり。 そのときに利用者の方が「初めて会う人と一緒になにかするのは楽しい」「今の若者の話を聞いていると楽しくなる」「どこかに出かけられたら楽しいだろうねえ」と言っていたのが印象的でした。     学生時代の経験から、 「もしかしたらデイサービスセンターに行くような人の中には、もっと外に出て街を見たり、新しいことをしたいと思っている方もいるんだ!」 と、思うようになりました。     ★シルバーケアサービスの新しい利用方法 デイサービスで同年代の方と交流するのはもちろん、「もっと外に出て何か新しいことをしたり」、「若かったころに好きだったことをもう一度したい…」そう思っている方もいるでしょう。     例えば、ちょっと歩く距離にある昔ながらの喫茶店でコーヒーを楽しみながら昔の話をする。 次々とあのころの様子が思い浮かんで、あんなことこんなこと…楽しかった記憶がよみがえります。 また、今の人の話を聞くのも刺激があって楽しいですよね。 違う年代の人とのおしゃべりを楽しめる。 違う年代だからこそ、家族にはなかなかしにくい相談事も「話してみようかな」という気になれる。     デイサービスで流れていたテレビ番組で知った、週末に公開される新しい映画を見に行きたいという小さな願望。 少し遠くて電車に乗る必要が1人で行くのは不安。 誰かと一緒に見て、そのあとで感想をたくさん話したい。聞きたい。     囲碁や将棋が趣味。 周りには一緒にやってくれる人がなかなかいない。 初歩からきちんと教えるから一緒にやってほしい。     美術館に行くのが実は昔、趣味だった。 新しい展示が出ても家を出るのが億劫で行かなくなってしまった。 毎週火曜日、美術館通っていたあの頃のように、芸術鑑賞をもう一度趣味にしたい…。     このような思いを抱えている方も少なくありません。 新しい趣味を始めたいと思っている方もいるでしょう!     カメラを買って、緑のある公園や昔懐かしい街並みを撮る。 新しい街並みは、後でじっくり眺めていると、昔の街並みと重なって思い出もよみがえってきます。 家族。友達。目に映るものを写真に残すのもよいですね。 みんなが忙しい時期、なかなか会えなくても、眺めているだけで幸せな気分になれますよね。     今は、「もう遅い」と思って「やりたいけど、できないかもしれない」という想像でしかありません。     そんなときに利用して欲しいのが、シルバーケアサービスなんです!     新しいことを何か始めたい、少し遠くのところへ行きたい。と家族や身内に言ったとします。 家族とはいえ介護に関しては素人の私たち。 会社を休んで連れて行ってあげることはできるでしょう。 しかし、毎週毎週は難しいです。 毎週担当を決めて、お出かけをするように家族内で決めたとしても、気付いたらお出かけが負担になって苦痛になることもあります。 家族だからできること、家族だから大変なこと。たくさんありますよね。     家族の願いをかなえるために、何をしてあげることができるのでしょうか。 みんなの負担が少なく、気を使い過ぎずに済むようなこと。     家族の願いを叶えるのが、シルバーケアサービス! お出かけや新しい趣味を始めるときの付き添いとしての利用でも、大歓迎です! 生活をする上で手が回らない家事、身体をなまらせないための運動をサポートするだけがシルバーケアサービスの仕事ではありません。   ★レンタルサービスでは心許ない この世の中は、彼氏レンタル、彼女レンタル、家族レンタル、友達レンタル、リア充レンタルなど…。 さまざまなサービスであふれかえっていますよね。 とくに若者は、必要に応じてレンタルサービスを利用しています。 ただ、このサービスの利用の目的は、「まわりから見て自分がどう見えるか」を気にしてのことだったり、「友達や彼氏彼女ができないから、ちょっと気分を味わってみたい」ということだったり。     だけど、もし自分の身内が、レンタルサービスを利用して話し相手をレンタルしていたら、ちょっと心配になりませんか? 来てくれる方は素人の一般人です。 身体が動きにくくなっていたり、耳が聞こえにくかったり…。 そのような状態であることを、頑張って説明をしたところで、相手はどうサポートすればいいのかもわからないでしょう。 もしかしたら認識の違いなどで命に関わる事故が起きてしまうかもしれません。     素人にお願いするよりも、シルバーケアサービスのプロのスタッフにお願いした方が安心ではないでしょうか?     ★シルバーケアサービスのプロが行っているサービス ・ちょっとしたお出かけの付き添いとして ・友人のように会話を楽しむ ・買い物や散歩に出かける ・新しい趣味を始めるときの仲間として   このような利用目的でもシルバーケアサービスを活用いただけます。     一緒に電車に乗って美術館に行くのも、素人だったら至らない点もあるかもしれません。 プロの方だったら細やかな気配りをしてくれて不安なくお過ごしいただけます。 私たち素人が叶えてあげられない願いを叶えてくれますよ。     もちろん、プロは仕事をしています。 当然、金銭も発生していますが、淡々と作業をされるのは嫌ですよね。     そこで利用して見て欲しいのがスマイルプラスなのです。 友達みたいな関係を築けるように努めているのがスマイルプラス!   【スマイルプラスのメリット】   ・一緒におでかけをしても安心! ・家族には言いにくい話やしてほしいと思っているけど遠慮をしていることなどを聞き出せる! ・身体だけではなく心のケアを行う!   出来ないことをやってあげるだけじゃないんですよね。     ★家事代行サービスのスマイルプラス 実は、スマイルプラスには、シッターサービスもあります。 介護疲れや、介護までは行かずとも、介助が必要な方が家族にいらっしゃることもありますよね。 「全部家族でやってあげなくてはいけない」とひとりで頑張ってはいませんか?   ですが、そんなことはありませんよ!     いくら家族とはいえ、私たちは素人です。 やってあげたい、一緒にお出かけをしてあげたい、と思っていても、身内だからこそ上手くいかないときもあるのです。 感情をむき出しにしてしまうため、お互い嫌になってしまうのです。     ・やってあげたいけど自分たちでは難しい ・希望を聞かせてくれたのはうれしいけれど、家族の中で解決するのが難しい     そういうときは、「家族」というくくりにとらわれないのが重要です。 「外の人間」に頼ってみるのはいかがでしょう?     家族だから出来ること。 家族じゃないから出来ること。 家族じゃないからこそ見えてくるもの。 たくさんあると思います。     まだ少し早いんじゃないか、必要ないんじゃないか、と思う人もいるでしょう。 でも、ちょっと早いくらいがおすすめなんですよ♪ ぜひ、スマイルプラスにご相談ください。     少し早めの段階から、信頼関係を築いておけるからです。     シッターサービスではなくても、家事代行やハウスクリーニングでの利用でもokです!   信頼できる、安心して家族を任せることが出来る家事代行会社を1つ知っていれば、いざというときすごく頼りになります。 かかりつけの病院のように、かかりつけのサービス屋さんとして、スマイルプラスをまずは利用してみてはいかがでしょうか?     スマイルプラスではシッターサービスももちろんプロの方が対応してくれますが、家事代行、ハウスクリーニングもプロが対応しています! さらに、家事代行、ハウスクリーニング、シッターサービスはすべて組み合わせ自由です( *´艸`)     自分でどうプランを組んでいけばいいかわからないときも、コーディネーターが最適なプランを提案するので、相談だけでもしてみてくださいね。     例えば、仕事が忙しくて掃除をする時間がないけれど、急に来客の予定が入ったときなどは仕事をしている間に来てもらって掃除をしてもらっておく、なんてこともできますよ。     忙しいあなたに。 疲れているあなたに。     そして、家族を大切に思うあなたに。     スマイルプラスのシッターサービスを。     少し懐に余裕があるときに一度試してみてはいかがでしょうか?     スマイルプラス

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386