妊娠中の身体がつらいとき、産後の家事が大変なときに代行サービス
家事代行

妊娠中の身体がつらいとき、産後の家事が大変なときに代行サービス

赤ちゃんがお腹の中で大きく成長しているとき、無事に赤ちゃんが産まれて、外の世界ですくすくと育っていくとき。 どちらもお母さんの身体、心への負担はすごく大きいですよね。  

・つわり
・頻尿
・眠気
・精神不安定
・食の好みが変わる
・体重増加
・腰痛
・お腹の張り
・肩の凝り  

多くの妊婦さんは、すごく眠くなったり、頻尿になったりという身体の変化も感じます。 妊娠は、お母さんの全身全霊で子どもを産むための準備期間。 出産前後は里帰りをしてゆっくり過ごせる方もいますが、妊娠中はサポートが手薄いのが現状ではないでしょうか?  

①妊娠中の負担を少しでも軽くするための家事代行 

お腹の赤ちゃんのために栄養のあるものを食べたい! 部屋をキレイにして、キレイな空気を吸いたい。 そうは思っても、つわりやお腹や腰の痛みにはかないません。 結果的に、部屋の掃除が進まず、料理も簡単なものになりがちです( ;∀;)

そもそも、家事は大変なものなんです。 妊娠をしていない体でもツライのに、妊婦さんになっても変わらず行えというのが無茶な話!  

スーパーまで歩いて、スーパーの中でもたくさん歩いて…… 重い袋を持って家へ戻る。 ご飯を作ってお皿を洗い。

お風呂掃除や部屋の掃除。 今まで当たり前にできていたとしても、お腹が大きくなった今ではできなくなってしまいます。そんなお母さんの負担を少しでも減らすために有効活用して欲しいのが“家事代行サービス”なんです。

②産前産後を楽にする家事代行サービスとは

 プロの研修を受けたスタッフの方が自宅へ来てくれて、家事を代わりにやってくれるサービスのこと。   例えば、夜ご飯の材料の買い出しから調理、お皿洗いまでお願いできます。 そのほかにも洗濯物を干す、畳む。 部屋の拭き掃除、掃き掃除。家事という家事全てを依頼できます!  

・ご飯を作るのが大変
・庭の雑草が伸びてきた
・部屋が埃っぽくなってきた
・部屋の隅々まで掃除をする体力がない

・日常生活で困っていることが少しある
・ストレスが溜まってしまって1日だけでも休みたい

こんな悩みでもすべてお助けします。 スマイルプラスでは家事代行のほか、 ・ベビーシッター ・シルバーシッター ・ハウスクリーニング といった普段の生活でし続けていたら少し負担になることをお願できます。  

 ③産前産後の家事は贅沢品?

この印象が覆るかもしれませんよ! 実は、思ったより費用はかかりません。   なんと、1回の部屋の掃除のお値段が15,000円。 メニューによっては、月に2回来てもらっても12万円です。   思ったより、手を出しやすいお値段じゃないですか?    

汚い部屋は精神的にも良くないとされています。 必要ないものまで買ってしまったり、過剰に飲食をしてしまう。 このような行動の原因になることさえあるといわれているんです。15,000円で、自分の部屋も心もキレイに安定して保てるのはお得なのではないでしょうか?  

④スマイルプラスの家事代行が選ばれる理由

スマイルプラスは、家事代行以外のサービスも行っています。 妊娠中は家事をお願い。  出産後はシッターサービスへ切り替える。  こんなことも可能です!   もちろん、家事代行とシッターサービスを組み合わせることもできちゃいますよ^^    

スマイルプラスのシッターサービスは24時間どの時間帯でも対応しています。 授乳や夜泣きで夜、寝られないときが続いてしまったときなどにも、睡眠時間の確保やストレス発散におすすめです。  

 赤ちゃんのお世話と夫の夜ご飯をお任せして、美容室に行って映画を見てスパに行く…など、 日々疲れているお母さんがリフレッシュする時間を作ることもできますよ^^    

・リフレッシュしたいけれど、仕事をしている夫にすべて任せられない
・出かけなくちゃいけないけれど預けられる人がいない
・実家や義実家に預けていると肩身が狭くなる  

  こんな時に、ぜひ頼りにしてほしいのです。  

  ⑤産後の育児は本当に大変

ご飯の準備をしている最中に大泣き。 寝かしつけに成功して布団に寝かせようとしたらまた大泣き。 目を離してしまった隙に何かが起こって、最悪の場合亡くなってしまうこともあります。そんな目も手も離せない赤ちゃんがいるなか、家事をしなくてはならないなんて考えただけでもしんどいですよね( ;∀;)  

おちおちトイレにすらいけません。 ただ、そうやって無理していると、膀胱炎になるなど、身体が持たなくなってきます。 それでも、赤ちゃんは待ってくれません。 そうしているうちに、お母さんの心も壊れていってしまう…そんなこともあります。  

夫に家事や育児の代わりをお願い出来ないのなら、ベビーシッター代や家事代行費用を要求して、お母さんが健やかに過ごせる環境を作っていきましょう。  

⑥産前産後は、ゆっくりと休もう

昼間は働いているお父さんが夜にクタクタになって帰ってきて「家事をして、子供の面倒を見て」と言っても「疲れてるから」「後で」と協力してくれないときもあると思います。

こういうことから家事は全部自分でやらなきゃいけない、と考えてしまいますよね。   そうしているうちに、社会から疎外されたような、ひとりぼっちのような気持ちになってしまいます。 暗い気持ちで毎日を過ごすことにも。  

ワンオペ育児はともかく、夫婦で協力をしあっていたとしても一人の人間としてゆっくり休みたいし、たまには息抜きに出かけたいものです。 そういうときに家事代行を使うのは全く悪いことではありません。    

一人の人間ですもの、美容室に行ったり洋服や化粧品などを見に行ったり、友人と飲みに行ったりゴルフに行ったり、好きなこともしたいですよね^^    

不要な夫婦喧嘩、産前産後うつを招かないためにも、家事代行という方法がある!と頭の片隅にでも入れていただけると嬉しいです。  

 本当ならば、お父さんが助けてあげられれば一番ですが、手伝ってくれるように仕向けるのも「どうしてこんなことをしているんだろう」ってなることもあります。

なかには、生まれてきた赤ちゃんにつきっきりになっているあなたを見て、お子さんにやきもちを焼くあまり、夫が子ども化するなんてことも。 こんな話はよく聞く話です。家族みんなで仲良く健康に過ごす手伝いをしてくれる家事代行サービス。 ぜひお試しください^^詳細はここをクリック

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386