家事代行の料理はまずいって本当?
家事代行 料理 まずい

家事代行の料理はまずいって本当?まずさを防ぐ原因と対策方法

子供のお世話をしながら掃除に洗濯、料理も行い、更には仕事もこなす日々。現代では、働くママの割合は7割を超えています。

目まぐるしい毎日に心も体もクタクタ、そんな経験があなたにもありませんか?せめて食事の支度だけでも誰かに頼みたいけれど、家事代行サービスの料理はなんだかまずい気がする……。

そんな風に感じることもありますよね。家事代行は楽だけれど、大事な家族にまずい料理は食べさせたくないとお考えのあなた。

実は、家事代行サービスの選び方のコツさえ押さえれば、料理がまずいとがっかりする必要はなくなるのです。今回は、家事代行でまずい料理を食べるリスクを軽減するための選びのポイントをご紹介します。

家事代行の料理がまずいと言われる3つの原因

家事代行の料理がまずいと言われる3つの原因

家事代行サービスの料理がまずいと感じる原因は、それぞれの家庭の味付けとマッチしていないからです。また、代行サービスに携わる社員一人一人の研修をどの程度行っているかは、会社によってまちまちです。中にはほとんど研修をせずに業務を行う会社さえあるのです。

ご家庭によって料理の味付けはまちまちです。できることなら、食べなれた味付けに近いものを食べてほしいと願うのは当然のことでしょう。これまで頑張って料理をしてきた経緯や、食や健康への関心が高ければなおさらです。

家事代行の料理がまずい理由①スタッフとの相性

家庭の味、おふくろの味というものがあるように、料理の味付けはご家庭によって全く違います。卵焼き一つを取ってみても、だしの効いた味付けや少し塩気の強いもの、ほっこりと甘いものなどさまざまです。

家事代行業者のスタッフの方があなたと同じ味付けを好む方であれば、作った料理がまずいと感じることはあまりありません。

ですが、本当は薄味が好きなのに極端に濃い味付けの料理を出されてしまった場合や、反対に物足りないほど薄い味のものだった場合に、どうしてもまずいと感じてしまうものです。

家事代行の料理がまずい理由②事前研修をしていない

働く女性が増えたことにより、家事代行業者の数は非常に増えてきました。中にはとても安いお値段で仕事を請け負う会社も少なくありません。いざサービスを利用しようと決めたものの、どこに依頼するべきか決められずに困っていませんか?

そんなあなたに注目していただきたいポイントが、事前研修をきちんと行っているかどうかです。残念ながら、家事代行業者の中にはまともな事前研修もしないままスタッフを派遣する悪質な会社も存在します。

また、事前研修がされていない会社の場合、サービスの一環として調理を行う際のマニュアルが整備されていないことも多く、出来上がった料理がまずいということになりかねません。

反対に、事前研修がきちんとされている会社の場合は調理に関わるマニュアルがしっかりしていることが多く、利用者の希望をきちんと聞いた上で料理を作ってくれることがほとんどです。

食べるものにこだわりたい、なるべく自分で作ったものに近い味付けの料理を出してほしいと思うのであれば、ぜひ事前研修をきちんと行っている業者を選ぶことをおすすめします。

家事代行の料理がまずい理由③料理の作り置きが原因

家事代行サービスに料理を依頼する場合、その日食べる分の料理だけでなく何日か分の料理を作りおきしてもらうという利用方法があります。

とても便利な反面、冷蔵や冷凍によって料理の味が落ちてしまうのはある程度は仕方のないことです。特に水分の多いおかずの場合はどうしても傷みやすくなるため、味もすぐに落ちてしまい、まずいと感じることが多いのです。

丁寧な業者やスタッフであれば味の落ちない食材やメニューの提案といった工夫をしてくれる場合がほとんどです。味が落ちるだけでなく、作り置きしたおかずで気になるのが傷み具合です。

きちんとした研修を受けた業者であれば、丁寧に洗浄した容器におかずを詰めるなどの配慮をしてくれますが、そうでない業者も残念ながらたくさんあります。

食材の扱いに気を遣う夏場はとくに依頼した作りおきのおかずが予定より早く傷んでしまうケースや、ひどい場合には食中毒などの問題が起こることもあるのです。

そのような事態になってしまったら、まずいどころの話ではありません。口に入る食材を依頼する場合、そう言った信頼をおけるかどうかも業者選びの判断基準になります。

家事代行の料理がまずい!という状況を避けるためにするべきこと

家事代行の料理がまずい!という状況を避けるためにするべきこと

家事代行業者の選び方で大切なポイントは、事前研修の有無とトラブルが起きた時にも対応できるようマニュアルが明確に定められているか、顧客の要望をきちんと聞いてくれるかの三点です。

全ての家事代行サービスが悪質というわけではありませんが、中には社員のレベルが高くない企業も残念ながら存在するのです。

3-1:料理の事前研修がある会社がおすすめ

家事代行サービスを利用する場合は、きちんとした研修があるかどうかは必ず確認をして下さい。

実は、研修の有無によって企業で働く社員の意識も違ってきます。きちんとした研修を行っている会社の方が、スタッフ一人一人の社員としての意識も高く、トラブルになりにくいというメリットもあります。

また、料理の仕方にきちんとした手順が定められている方がサービスの質もいい傾向にあります。

 

3-2:マッチング制の会社は研修がないのでおすすめしない

マッチング制の家事代行サービスというものがあります。「家事をしてほしい人」と「家事を代わりに行うことで稼ぎたい人」を企業が用意したプラットフォームでマッチングさせ、あとは顧客と働き手が直接取引をするという仕組みです。

マッチング制の会社はあくまで個人との取引になるため、大きな会社に依頼をするより費用がかからないというメリットがあります。

ですが、当然研修などは一切なく、仕事の内容についても働き手と直接やり取りをして決定されるため品質にムラがあるというデメリットがあります。

このマッチングサイトですが、登録は非常に簡単で免許証さえ提出すれば何の資格も必要ありません。誰でも簡単に家事代行を行うことができるため、未経験の方が料理を作るというケースも非常に多いのです。

マッチングサイトの場合はサービスの質が悪かったとしても、サイトを経営する企業は責任を負ってくれない場合がほとんどですので、注意が必要です。

 

3-3:事前に丁寧なヒアリングをしてくれる会社がおすすめ

家事代行サービスを提供する会社によっては、事前のヒアリングがほとんどなく、いきなりスタッフが来てしまうというケースも少なくありません。

要望を何も聞かないまますぐに料理をはじめ、でき上がったらさようなら、ということも頻繁にあります。こういった会社では、料理をお願いするのはためらってしまいます。

反対に家事を行う前に顧客の要望を丁寧に聞いてくれる会社は、信頼感があります。

味付けの好みや火を通す加減、具材の切り方など、丁寧に聞いてくれる会社であれば作ったものがまずいという確率はそれほど高くありません。

家事代行サービスを探すポイントとしては、ヒアリングがどの程度丁寧かも大事なポイントになります。

 

家事代行の料理を試してみませんか?

家事代行の料理を試してみませんか?

スマイルプラスの家事代行サービスは、食材の買い出しから調理、後片付けまで全て厳しい研修をクリアした一流のスタッフが行います。

また、事前に丁寧なヒアリングを行いますので、細かな要望をしっかりと伝えることができます。

専属のコーディネーターが要望に合ったスタッフを紹介してくれるため、料理がまずくて失敗だったという事はありません。家事代行サービスでお悩みでしたら、ぜひ一度お試しください。

今だけ初回お試し3時間分を1万円(交通費/税込)でご利用できます。スマイルプラスの家事代行サービスの詳細はここをクリックしてください。

 

 

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386