家事をやりたくない人必見!疲れた時に家事のやる気を出す方法と対処方法
家事代行

家事をやりたくない人必見!疲れた時に家事のやる気を出す方法と対処方法

家事はお好きでしょうか?料理や洗濯といった家事が大好きという方も、そうでない方も、家事がときに義務のように感じてしまうことがあるのではないでしょうか?やりたくないと感じていても、食事は作らなければいけないし、洗濯物は毎日溜まるし、掃除をしなければ家が汚くなってしまいますよね。

もっとゆっくりしたいと思っていても、自分だけでなく家族も困ってしまうかもと考えると、頑張ってしまうという方も多いはずです。ですが、家事は毎日の積み重ねです。そのため、一度「嫌だな」と感じてしまうと、続けていくことが苦痛に感じてしまうこともあるのです。

今日は、疲れてしまったときに、上手に手を抜く方法をお教えしますね。

①家事をやりたくないと思う3つの原因

家事をやりたくないと思う気持ちの裏には、3つの原因が隠れています。もしかすると、ただ怠けているだけかもしれない..と自分に厳しくなっていませんか?大丈夫。あなたが怠けているのではなく、家事のやる気が出ない理由がしっかりとあります。

まずは、家事をやりたくない理由を探して、どうしたら家事をやりたくない気持ちから解放されるのかを一緒に探してみましょう。

1-1:仕事が忙しい

近ごろでは働く女性が増え、子どもがいる家庭であっても共働きで頑張っている世帯が半数を超えています。特に、夫婦ともフルタイムで勤務している場合、家事に割く時間がなかなか取れないケースがあるのです。そこに育児や介護といった要素も加わってしまうと、負担はとても大きなものとなってしまいます。

1-2:家事をやって当たり前の風習

これは昔から言われ続けてきた言葉ではありますが、「家事は自分でするのが当たり前」という風習は今でもまだ根強く残っていますよね。また、家事は女性の仕事という考え方もいまだに払拭されたわけではありません。

「性能の良い家電があるんだから、昔に比べたら楽でしょう」という言葉もちらほら聞かれますが、共働き世帯や、育児や介護を担っている立場からしたらまだまだつらいですよね。

1-3:無償で24時間働いている気分になる

家事には休みがありません。ですが、自分の家のためにしている家事がお金に変わることはないんですよね。時には寝る時間を削ってまで、住みやすい家庭のために頑張っているのに、ときどきふとむなしく感じてしまっても不思議ではないんです。

夜遅くまでくたくたで頑張る毎日の中で、つい「家事をやりたくないな」と考えてしまいますよね。そうすることで、何のために家事をやっているのかが全く分からなくなり自然とやる気がなくなってしまいます。

一番家事をしたくない場所ランキング

家事と一言で言っても、食事の準備から掃除、洗濯、買い出しにゴミ出しと、数えきれないほどの仕事があります。そのなかでも特に手間がかかってやりたくないと感じてしまう家事を、主婦の方のアンケート調査をして、ランキングにしてまとめてみました。さっそく見てみましょう

家事をしたくないランキング1位:料理

栄えある1位に輝いたのは、毎日の料理です。食事の準備は多ければ1日に3回もしなくてはなりません。仮にお昼ご飯はそれぞれに食べるとしても、お弁当を持っていく必要があればその分のおかずも作る必要がありますよね。

「料理が好きという方はあまり負担に思わないのでは?」と思われてしまうこともありますが、たとえ料理が好きな方であっても365日となると時にはやりたくないなと思ってしまいますよね。主婦=料理をするのが当たり前!という風習をどうにかしたいものです。

家事をしたくないランキング2位:洗濯

続いて、やりたくない家事としてランクインしているのが洗濯です。「洗濯なんて、洗濯機が勝手にやってくれるじゃないか」と言う方もいらっしゃいますが、そうでもありません。

衣類が色映りしないようにしたり、汚れのひどい場合には予洗いをしたり、洗濯が終わった衣類を皺にならないように干したりと、洗濯は意外と手間のかかる家事なんです。

おまけに乾いた洗濯物を取り込み、アイロンでしわを伸ばし、畳んでそれぞれのクローゼットにしまう作業だって、かなりの時間を取られますよね。あなたもそんな経験はありませんか?

 

家事をしたくないランキング3位:部屋の片付け

きれい好きな一家であれば、いつでも部屋の中がきれいに片付いているのでしょうが、忙しいとついつい机に物を出しっぱなしにしてしまうことなんかがありますよね。

また、小さなお子さんがいる家庭などの場合、片付けた端からおもちゃを散らかされてしまい、キリがないというご家庭もあるでしょう。そのため、片付けはたまには手を抜きたいと考えてしまう家事なのです。

③家事をやりたくないと思った時の対処方法

疲れてしまって家事をやりたくないと思ってしまうこともあるでしょう。それは、決して悪いことではありません。たまには手を抜きたいと思うのは、普段頑張っているからこそです。

ここでは、家事に疲れてしまった時に、上手に手を抜く方法をご紹介します。実は、家事をやりたくないと思う気持ちを減らすと家庭が円満になった!という実体験もネットでありました。

私が家事をやめればやめるほど、なぜか家族の笑顔が増えて、今までにない新しい循環が家庭のなかに生まれました。おそらく私の家事ストレスが減ったことで、私自身がよく笑うようになったからかもしれません。
参考:日経woman

早速、家族が円満になるコツも含めて上手に家事を行う方法を一緒に探していきましょう。

3-1:お惣菜を利用する

「今日はもう料理を作りたくない!」そんなふうに感じた時は、いっそお惣菜を利用してしまいましょう。近ごろではスーパーだけでなく、コンビニでもお惣菜を取り扱うようになってきており、その味も昔とは比べ物にならないほどおいしく進化しています。

また、すでにカットされているサラダを利用したり、冷凍食品を上手に利用することで料理にかかる時間だけでなく、片付けの手間まで省略することができるのです。

3-2:家電を利用する

家電はひと昔前に比べて格段に進歩しています。毎日掃除機をかける時間が取れないという場合は思い切ってお掃除ロボットを購入してみたり、乾燥機付きの洗濯機を利用して洗濯物を干す手間を省いたり、最新家電を上手に利用することで、家事の手間を減らせることができます。

もちろん購入費用はかかりますが、空いた時間を家族との団らんにあてたり、ゆっくりとくつろいだりする時間を得られるのであれば安いものかもしれません。

 

3-3:完璧をやめる

「なんでも完璧にこなさなきゃ」という思考を手放すことも大切です。家事は毎日繰り返される仕事です。無理なくできる範囲でこなさなければ、つらさが蓄積するばかりで、負担が大きくなる一方です。

いっそ開き直って、完璧にこなさなくても最低限のことだけできていればいいやという考え方をしたってかまわないのです。今、できる範囲のことをする。それ以外は、時間ができた時にやる。そんなやり方だって、十分頑張れているのです。

 

3-4:夫婦で家事の分担を決める

家事は女の仕事という考えを夫婦で捨てることも大切です。共働きであれば家事をどちらか一方が負担していたのでは、あっという間につぶれてしまいます。

専業主婦であっても、育児や介護などさまざまな理由で家事にまで手が回らないということも多いでしょう。夫婦で協力して家事を行うことで、ひとりだけに負担が集中する事態を避けることができますよ。共働き夫婦の方は、「共働き夫婦必見!家事の疲れから解放される方法」をぜひチェックしてみてください。

3-4:家事代行を利用する

どうしても家事をする時間が取れないという時は、家事代行を利用するという手段もあります。家事代行はいわば、家事のプロです。

普段は忙しくて細かい場所の掃除ができなかった場合や、洗濯物が溜まってしまったけれどどうしても時間が取れない時、料理をする暇がないけれど家族に栄養バランスの良い食事を食べてもらいたい時など、家事代行に依頼することで必ずあなたの助けになってくれるはずです!

④家事がやりたくない時は、少し休んでも大丈夫

毎日家事を頑張ってきたけれど、たまにはのんびりした時間を過ごしたい!家事なんかより、家族と笑い合う時間が欲しい!そんなふうに考えるのは、決して悪いことではありません。

時には家事を省略したり、誰かに任せたりといった対策をとることは、あなた自身をいたわるために必要な選択です。

スマイルプラスは、家事代行をはじめとしたさまざまなサービスで、頑張る皆様の生活を支えています。あなた自身や、大切なご家族との時間を得るためにも、家事のことなどでお困りの際はぜひ一度お気軽にご相談ください。行政や大手企業御用達。安心の実績のスマイルプラスの家事代行は、ここをクリックしてください。

 

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386