年末の窓拭き掃除にもおすすめ!簡単にできる窓拭き掃除の方法 | スマイルプラス
窓掃除

年末の窓拭き掃除にもおすすめ!簡単にできる窓拭き掃除の方法

年末が近づき、一年の締めくくりに忙しい毎日を過ごしている方も多いことでしょう。そんな中、年の瀬が近付くとしなくてはならないのが大掃除です。細かい場所に溜まった汚れを徹底的にきれいにして、清々しい気持ちで新年を迎えたいものですが、そうは言っても大掃除と聞くとやる気が削がれてしまう方も多いでしょう。

今回は、大掃除の中でもとくに厄介な窓拭きのコツをご紹介します!窓をきれいにして、さっぱりとした気持ちで新年を迎えましょう。

①窓が汚れてしまう原因はどこ?

まず、窓が汚れてしまう原因を知る必要があります。窓の汚れの原因は、内側と外側で違います。窓の外側には主に土や砂、埃、車の排気ガスや花粉などが付着して汚れとなります。雨が降ることで付着していた汚れが固まり、より頑固な汚れに変わってしまうのです。

一方、窓の内側は窓に触ったときに付着する手垢や埃、たばこのやに、料理の際の油などが主な原因です。また、サッシには埃や水滴が溜まりやすく、ときにはカビも生えてしまいますので、注意が必要です。

②窓の掃除におすすめの天気

窓の掃除をするのであれば、曇りの日がおすすめです。冬になると肌寒く、できれば晴れた日に作業をしたいと思うでしょう。ですが、実は晴れた日は窓に日光が反射するため汚れが見えにくく、拭き残しの原因になってしまうのです。

曇りの日がおすすめの理由は、湿度が高いことで汚れが水分を含んで落としやすくなるからです。そのため、雨が上がった直後も窓ふき掃除にはおすすめの天気です。

どうしても晴れの日に窓拭き掃除を行うのであれば、日が昇り切らない午前中のうちに済ませてしまうといいでしょう。

③簡単な窓掃除に必要な掃除の道具

近ごろではさまざまなお掃除グッズが市販されています。窓拭き用のアイテムもさまざまな場所で目にする機会が多いものです。しかし、実は窓拭きには昔ながらの新聞紙を使った方法がおすすめです。

新聞紙は窓を拭いた後に繊維や拭き跡が残りにくく、インクに含まれる油分がガラスをきれいに仕上げてくれるのです。

窓拭き掃除をする際には、新聞紙の他にもゴム手袋や50℃程度のぬるま湯を準備してください。このほか、ガラスクリーナーやマイクロファイバークロスを使用することで窓ガラスをよりピカピカに仕上げることができます。

<窓の掃除に必要な物リスト>

・新聞紙
・ゴム手袋
・50度のぬるめのお湯

④窓掃除をするための具体的なステップ

新聞紙を使用した掃除方法を紹介します。

ステップ1:新聞紙を用意する
新聞紙を片手に収まる程度の大きさに丸め、ぬるま湯で濡らして窓を拭くだけです。
準備するものが少なく手軽にできる上、洗剤で手が荒れてしまうこともないのが大きなメリットです。

ステップ2:必要であればガラスクリーナーを利用
窓をよりピカピカにしたいのであればガラスクリーナーの使用がおすすめです。ガラスクリーナーを直接窓に吹き付けてしまうと液だれする原因になりますので、使い古した不要なタオルにスプレーし、それで窓を拭いてみてください。

ステップ3:水を絞ったタオルで水拭きをする
汚れが浮き上がったら、クリーナーが乾かないうちにすぐに水で絞ったタオルで水拭きをします。水拭きの後は、マイクロファイバーで乾拭きをすると水滴をしっかりと取り除くことができます。

⑤窓のサッシを簡単に綺麗にするステップ

窓拭き掃除で厄介なのは、窓のサッシです。普段は気にならなくても、サッシには埃が溜まりやすい場所です。また、結露によって水滴が溜まるため、カビが発生しやすい場所でもあります。

<窓のサッシ掃除に必要な道具>

サッシの掃除には、
・使い古しの歯ブラシ
・爪楊枝

ステップ1
掃除機で埃を綺麗に吸い取る

ステップ2
大きな汚れは、歯ブラシでほこりや汚れを掃除をします。

ステップ3
レールに合わせて切ったスポンジを水に含ませて擦る
100円で購入できるゲキ落ちくんもおすすめです。

ステップ4
レールの上から水を濡らして埃を落とす

ステップ5
乾いた雑巾でサッシの水を拭き取る

大まかな汚れは歯ブラシで落とし、細かい部分は爪楊枝で仕上げましょう。
サッシの掃除は乾いた状態で行ったほうが埃を集めやすいため、窓拭き掃除と同時にサッシも掃除したいのであれば、先にサッシの掃除を済ませる必要があります。

⑥簡単窓掃除をするために気をつけたい3つのこと

窓の掃除は内側と外側両面を拭かなければならないこともあり、何かと大変な作業です。特に冬場は、寒い想いをしながらの作業となるため、できることなら手早く済ませたいものです。実は、窓拭き掃除はちょっとしたコツを抑えておくことで簡単に、よりきれいな仕上がりになるんです。

6-1:窓拭き掃除はこまめに

窓拭きをほとんどしないという家庭も珍しくはありません。普段から余裕があればいいのですが、窓の掃除まで手が回らないというケースも多々あります。

ですが、窓拭きはさっとでもいいので1~2か月に1度は行っておくと、汚れが落としやすく、1回の掃除で必要な労力は少なく済むのです。

年末の大掃除は窓拭きの他にもしなければならないことが多いため、日ごろからこまめな掃除をしておくことで時間を短縮できますよ。

6-2:水滴は乾かないうちに

窓拭きの後の仕上がりをより美しくするコツは、水滴が乾ききる前に乾拭きをすることです。クリーナーや水拭きをすると、ガラスの表面に水滴が残ります。この水滴が乾いてしまうと、ガラスにうろこ状の跡が残ってしまいます。

水滴が乾いてしまってからタオルなどで拭き取っても、跡は落ちずに残ってしまうのです。水滴が乾く前に乾いたタオルなどで拭き取ることで、仕上がりが格段にきれいになります。

 

6-3:窓ガラスはコの字に拭いて

窓を拭くときは、上のほうからコの字を描くように少しずつ直線で拭いていくと拭きムラが残らずにきれいに仕上がります。

逆に、くるくると円を描くように拭いてしまうと、拭いた跡が残ってしまいますので注意が必要です。跡が残ってしまうと見た目が良くないだけでなく、落とすために余計な労力が必要となります。

ですが、まっすぐ直線で拭くことによって、一度できれいに窓拭きを仕上げることができますよ。

 

⑦窓を掃除してスッキリとした環境を整えよう

年末の大掃除は何かと労力がいる仕事です。子育てやお仕事などで忙しく、なかなかまとまった時間が取れず、掃除もままならないという家庭も少なくありません。

大掃除にはかなりの時間がかかってしまいますので、その時間があったら子供ともっと触れ合えるのに、体を休める時間にできるのにと思う方も多いでしょう。そんな時におすすめしたいのが、家事代行サービスの利用です。

窓拭きに限らず、手が回らない年末の大掃除を依頼することでプロのスタッフが一年の汚れをしっかりと落としてくれますよ。

スマイルプラスでは、お客様のご要望をしっかりと聞き取った上で、信頼のおけるスタッフを派遣いたします。大掃除に限らず、日々の家事や育児の手伝いなど、幅広いサービスで皆様の生活を支えております。

家事代行サービスは何だか不安という方にも、安心して利用していただけるサービスが多数ありますので、家事のことでお困りの際はぜひ一度お気軽にご相談ください。掃除をプロにお願いしたい方は、「家事代行のスマイルプラス」をご覧ください。

 

 

以下、検索時の説明文の提案になります。

 

 

 

 年末が近付くとしなくてはならないのが大掃除ですが、やる気が削がれるという方も多いことでしょう。

 とくに窓拭きは体力を使うだけでなく寒い外での作業が必要となるため、できることなら手軽に済ませたいところです。

 今回は、そんな窓拭きを簡単に仕上げるコツをご紹介します。

 窓をきれいにして、さっぱりとした気持ちで新年を迎えましょう。

 

お電話でのお問い合わせ(年中無休 9時-21時)
0120-921-386